Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

とにゃ~!キッドです。

最近新しいレンズを買いました。

なので今日はカメラの話。

アポランターを買いました。

Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

今回買ったのはこちら。

フォクトレンダー(読みづらい)のマクロアポランター(読みづらい)65mmです。

サードパーティ製のEマウントフルサイズ用レンズです。

これでレンズはLoxia 2/35と合わせて二本目ですが、このレンズもマニュアルフォーカスなので、相変わらずサードパーティのマニュアルフォーカスレンズおじさんです。

さらに言えばどちらも絞りがレンズ側の物理ダイアルなので、α7IIの人差し指のあたりに絞りダイアルがあることを忘れます。

マクロと名前がついてますが、ハーフマクロと呼ばれるもので、一般的な等倍マクロの1/2まで寄れるレンズになります(それでも最短30cm程度なので十分寄れるのですが)

Loxia 2/35があまり寄れないレンズなので、焦点距離の間隔も含めて良い相性ではないかと思います。

早速撮影に出てみた。

行ったのは柴又。こち亀の歌に出てくる葛飾柴又~♪の柴又です。男はつらいよなんかでも有名ですね。

非常に線が気持ちよく出ます。高解像レンズ、おそるべしです。

denim

質感、というよりデニムの凹凸まで見て取れます。線が奇麗に出るとモノクロでも楽しいですね。

Dandelion

せっかくなのでマクロもペタリ。マクロ撮影だとよくボケるのでたんぽぽの綿毛がふわふわです。

綿毛の毛が一本一本見えるのにも注目です。

ひとしきり撮影してみて

とにかく解像度がすごい。

撮影時にも思いましたが、現像で4Kモニターに写したときに笑ってしまうくらい解像してました。

撮っていて、現像していて、テンションが上がるので楽しいレンズです。

ほんと、これにつきます。とにかく線がきれいなんですよね。

今まで持ってた35mmからはおよそ倍になる65mm。

最初はちょっと慣れない画角でしたが、実は50mmに苦手意識のあるキッドさんは使ってる間に意外としっくりきた気がします。

まだまだ撮り足りないので、アウトドアばかりしてないで近いうちにまた撮影に出かけようと思います。

ほかの写真はflickrで見られますのでどうぞ

こちらから

それでは

アポ ٩( ‘ω’ )وアポ♪
ラン ٩( ‘ω’ )وラン♪
アポ ٩( ‘ω’ )وランラン♪

投稿者: kidm9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です