朝日が昇る、私は旅する。ゆるキャン△ at 朝霧高原

とにゃ~!キッドです。

今日はキャンプの話。先週の登山後の予想通り、キャンプに行きたくなってしまったので、ゆるキャン△の舞台の一つでもある朝霧高原に行ってきました。

今年二度目のキャンプ。今回はソロではなく友人と3人で行ってきました。

出発するまで

一週間前までは予定もなかったので、話がころころと変わっていきます。

この時は行くのと行かないのと半々くらいだったように思います。

計画もあまり具体的ではなく、なんとなく「行きたい」という感じ。

なにせシュラフが無いので、それをなんとかしなくてはいけなかったので。

段々話が具体的になってきます。ゆるキャン最終話が朝霧高原なので、せっかくだしそこでやろうという計画ですね。

そしたら友人がその計画に乗ってきて田貫湖で釣りをしようという感じになってきました。このあたりで行くこと自体は決まりました。(ただしシュラフは持っていない。)

水曜日が祝日だったので、シュラフを買いに行きます。

駅をまたいでアウトドアショップを5店舗ほど。

予算と性能を考えながら吟味します。

当初田貫湖の予定でしたが、少し混んでいそうとのことだったので、場所が朝霧高原ジャンボリーに変わります。そしてゴルフ好きの仲間が一人増えます(これで三人)

結局、メンバーと場所が最終決定したのは2日前。こんな急に話が変えられるのも、アウトドアならではでしょうか。

そんな感じで、一週間準備をしながら計画が変わりながら、着々と週末に向かっていくのでした。

出発~朝霧高原まで

朝霧高原へ向かう前に富士宮で買い物をすることになったのでひとまずそこを目指して出発します。

100kmちょっとの道をずんずん進みます。

早めに出て道路も空いていたので、快適なツーリングです。

このときたぶん茅ヶ崎あたりなので全然見えてません。

100km超えは新潟のとき以来ですね。

新潟行ってきたよ!

山を越えて御殿場に入ったあたりから急に景色が変わって静岡らしい空気に変わります。

山や林の中は空気が気持ちよくていくらでも走っていられそうでした。

登りはパワー不足を感じますけどね…

そんなこんなで富士宮着。待ち合わせ時間より少し早かったため、釣りをしながら時間つぶしです。

こういうときバイクは便利ですね。小回りが利くので、ちょっとした移動に強い。

まあ、時間がなかったのと、よい釣り場が見つからなかったのとで、アタリどころかほどんど投げてもいなかったのですが。まあ時間つぶしなのでよしとしましょう。

富士宮で買い物を済ませたら、いよいよキャンプ場を目指します。

途中にある甘い誘惑には積極的に釣られていきます。

ゆるキャン最終話の舞台を通り過ぎたあたりで、目的地の朝霧高原ジャンボリーへ。

楽しいキャンプがはじまります。

シュラフとランタン

今回のキャンプに合わせて、アイテムが二つほど増えました。

ひとつはシュラフ。

ちょっとお値段張りますが、とにかく収納サイズが小さい。ほかの有名メーカー(モンベル・イスカ等)と比べても段違いに小さいです。

小さい分、思ったより薄いのでちょっと心配になりましたが、Limit:-1℃のとおり(今回ちょうど-1℃くらいだった)0℃程度までなら凍えることはなさそうです。若干足先が冷えたので、やはりちょうどリミットというところでしょうか。

良い仕事してくれたのでこれからのキャンプが楽しみです。

こちらのランタンは実家にあったもの。随分年季が入ってます。

ガス管をつかって発光するもので、マントルの交換だったりが必要なタイプです。明るさはそれほどでもなかったですが、色がとても良くて雰囲気が出ます。好き。

キャンプ@朝霧高原ジャンボリーオートキャンプ場

さて、到着したところから話の続きを。まずはテントの設営。

タープを持ってきてくれたので、真ん中に入口を合わせて秘密結社のようになっています。

この一言を言うためだけにわざわざ自宅からポンポンつきの帽子とブランケットを持っていくキッドさん。ただでさえ積載きついのに余計な荷物を増やすスタイルです。

到着が予定より遅かったのもあり、ゴルフは残念ながら中止。さっそく夜会が始まります。

夜ご飯はサラダと焼肉とアヒージョ。友人の持ってきた焚火台が大活躍です。外で炭火で焼くだけでおいしさ2倍!

作ってもらったキャベツサラダがとっても美味しかったのでレシピ教えてもらいました。

朝はパンと目玉焼き。

焚火台は調理にも使えてヒーターにもなるので一台欲しいところです。

富士山から登る朝日がとてもきれいでまるでゆるキャン△最終話でした。

次回は富士山がもっとよく見える場所もありですね。

オープンカーが止まってるのでこれはゆるキャン△ではなく実質FF15かもしれません。

さわやかな帰り道

ご飯を食べたら朝10時ごろの早め解散。

テントに降りた霜なんかを落としながら片付けます。

キャンプ場を出たら南北に分かれるのでまた一人旅をしながらのんびり帰ります。

無言で静岡の有名レストラン「さわやか」に寄っていくキッドさん。

先日さわやか商品券をもらったのでちょうど良い機会でした。

ハンバーガーも美味しかったけど、若干食べづらかったので次回はまたハンバーグかな?

そして帰り道に良い川を見つけてまた釣りをし始めます。

特に考えたわけではなかっただったんですが、富士と桜が良い感じで案外気持ち良いところでした。

3か所ほど移動しながら投げて、3か所目は2回ほどアタリもあったんですが、残念ながら合わせられず。要修行です。

目の前で食いついてフッキングしたときに、合わせられずにワームが後方に勢いよく飛んで行ったときはさすがに悔しくて声が出ました。

ちなみにこの日はめずらしくワームを投げてます。

最後は根掛かりで地球を釣りあげたらラインが切れてしまったので終了です。

移動しながら2時間くらいの軽めの釣行でしたが、アタリもあったので案外面白かったです。

小さい釣り道具、やはり買っておいて正解だなと思いました。

さわやかではない帰り道

さて、あとは帰るだけ。また100km以上ある道をどんどん帰ります。

さわやかと釣りで大分南に出てきたので、帰りは国道1号ルートで帰ります。

箱根の山越えルートです。

山を越えて、芦ノ湖抜けて下山あたりまでは箱根最高!と余裕だったのですが、下ったあと、二宮のあたりでアクシデント発生。

チェーンが外れました。

幸い、大事にはならなかったので、チェーンを装着して、調整をしておきます。

ちょっと焦りつつもなんとか修理です。

すぐ近くにリサイクルショップがあったので工具調達できて助かりました。

最低限の工具と日々のメンテナンス、やっぱり大事ですね…。

これを機にバイクの構造やメンテナンスを覚えておこうと思いました。

助けてくれた友人に感謝です。

いろいろありましたが、そのあとは軽い渋滞に巻き込まれながら、ゆっくり帰っていきました。

キャンプに釣りにツーリングと、目いっぱい楽しめた二日間でした。

何か忘れてない?

お気づきの方もいるかもしれませんが、きれいに終わったように見せかけて実は1つ忘れていることがあるんですよ。

カメラを家に忘れて出てしまいました。

行きの朝は若干テンション下がりましたが、また行けばいいんだよ!と言い聞かせて回復。

なので今回はiPhoneの写真のみです。次回につながる口実もできたので、そう遠くないうちにまた行きたいところです。

投稿者: kidm9

朝日が昇る、私は旅する。ゆるキャン△ at 朝霧高原”に対して1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です