NieR:Automata

とにゃ~!キッドです。

 

今日は最近プレイしたゲームの話を。

SQUARE ENIX×プラチナゲームズのアクションRPG「NieR:Automata」です。

NieR:Automataってどんなゲーム?

「ドラッグオンドラグーン」シリーズの設定を引き継いで作られたNieRシリーズの2(3)作目。

(3)作目となっているのは、1作目が少し特殊で、2種類発売されたからです。

キッドさん自身はDODシリーズも前作も未プレイなのですが、やたら評判が高いのでプレイしてみました。

今作は、ベヨネッタ等を作ってるアクションに定評があるプラチナゲームズの開発で、SQUARE ENIXから発売されました。

圧倒的な2Bの美しさ

このゲームについて語れと言われたら、まずこれを語らなきゃいけない。

「2Bが美しい」

2Bというのはこのゲームの主人公で、白髪ショートの女の子です。

ゲーム内のキャラクターを美しいと感じたのは初めてのことかもしれない。

それほど衝撃的でした。

美しいモデルと、自然なモーション。

とにかく素晴らしくて、ロードしたらしばらく2Bの歩きモーションと待機モーションを見るのが日課でした。

これを見るためだけに買う価値があります。間違いない。

2B本当に美しい。

完成度の高い世界観

先ほど、2Bを女の子と書きましたが、実は2Bさんアンドロイドなのです。

  • 地球がエイリアンの生み出した機械生命体に滅ぼされる
  • 人類は月に退避し、アンドロイドに地球奪還をさせようとしている

ものすごく簡単に説明するとこんなあらすじです。

なので、アンドロイドの2Bは機械生命体と戦う宿命です。

心を持たない機械生命体と心を持つことを許されないアンドロイド。

世界観を活かした、とても深いシナリオでした。

あまり多くを語っても興ざめなので、発売時のキャッチコピーだけ書いておきますね。

 

「これは呪いか。それとも罰か。」

「命もないのに殺しあう。」

 

世界を彩る音楽

このゲーム、良いところがたくさんあるんですが、中でも音楽がとても良いです。

美しくも儚くてもの悲しい、ゲームの世界観をそのまま表したような音楽です。

音楽単体としてもすごく完成度が高くて、思わずサントラも買いました。

ちなみにキッドさんのお気に入りはキャンプの曲です。

他にも良いところはたくさんあるけど…

書ききれないのでみんなプレイして!!!

個人的には久々に大当たりのゲームでした。

2Bさん、本当に美しいです。

投稿者: kidm9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です