劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンを3回見に行った話

今日は先日劇場版が公開となった、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」というアニメの話です。

普段映画にはあまり行かないし、同じ映画を2度見たこともなかったんですが、今回、気づいたら3回見に行ってました。どうしてこうなった。

なぜ3回も見に行ったのか

本当に素敵な作品を体験した後って、胸にぽっかり穴が空くような感覚があるの、わかりますか?あれが、どうしても治らなくて。この4連休を使って、19日、21日、22日と3回行ってきました。

18日に劇場版が公開されたのに合わせて外伝がNetflixで解禁になったので、それを見た翌日に友人と劇場版に見に行きました。泣くのを堪えすぎて、鼻の奥と頭がずっと痛かったです。とても感動したのと同時に、心が置き去りになってしまったようで、それを埋めるようにそのまま翌日はTVアニメ版を見返してました。

TVアニメ版を見ているうちに、欲が出てきて、「周りに誰もいない席で思いっきり楽しみたい」と思い、21日に2回目の視聴。心ここにあらずだったので、吸い込まれるように映画館に足が進んでしまいました。人を避けたので少し見づらい席になりましたが、他のお客さんを全く考えることなく、思う存分楽しむことができました。多分、この日、人生で一番泣いた。

そしてさらに翌日。昼過ぎになってもロスが抜けず、3回目の視聴に行くことに。ここまでで、TVアニメとスペシャルと外伝、2回ずつくらい見直してた気がします。3回目もなるべく人がいない席をチョイス。3回見て、ようやく心がライデンシャフトリヒから戻ってきたような気がしました。

今回来場者特典で小冊子がついてくるのですが、それがまた素晴らしくて。まだ2冊しか読めてないのですが、そのうちの1冊「ヴェネディクト・ブルーの菫」という本を2回目の視聴のときに手に入れました。その中でヴェネディクトにとってのヴァイオレットのことを読んで、ようやく気持ちの落とし所を見つけたような気がして。その後に見た3回目の視聴で、ストンと何かが収まったようで、本当に心地よかったです。

何が良かったのか

物語の展開、水や光などの表現、心情の描写、とにかく見どころはたくさんあって、人それぞれだと思うのですが、個人的にはヴァイオレットと、その周りの登場人物の成長と変化に一番ぐっと来ました。アニメ版があって、スペシャルがあって、外伝があって、初めてたどり着ける劇場版の物語。少しずつ変わってきたヴァイオレットたちの、新しい物語。だから1回目よりも、既存の作品を見直したあとの2回目のほうが泣けたのかもしれないです。あとは、ただただ美しいヴァイオレットの瞳に見蕩れていたというのもあります。泣き顔ですら、美しい。でも、泣かないでほしい。そんな矛盾。

これから見る人のために

これから見る人、興味を持った人のために、参考になりそうなことを書いておきます。

原作とアニメ作品

原作は暁佳奈の同名小説。京都アニメーション大賞で、今の所唯一大賞を受賞した作品です。他の受賞作も含め、京都アニメーションがアニメ化した作品も多く、奨励賞作品としては「中二病でも恋がしたい!」「ハイ☆スピード!」「境界の彼方」など。いずれも人気の作品たちですね。

原作は上下巻と外伝、アフターの4冊です。KAエスマ文庫というところから出ていて、少し入手がしづらいので、京都アニメーションの公式ショップからの購入が良さそうです。

アニメが放映されたのは2018年。1クール13話と、DVD/BDに収録されたスペシャルをあわせて14話。その後2019年に外伝として映画が公開。そしてこの9/18に満を持して劇場版の公開となりました。

今この作品を見るのであればNetflixが便利です。TVアニメ全話、スペシャル、外伝がすべて揃っています。確か配信はNetflix独占だったので、契約が難しい人はレンタルですかね。

あらすじ

少女兵として生きてきた主人公、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが自動手記人形(手紙の代筆屋)としての仕事を通して成長していく物語です。最初は人の心がわからなかったヴァイオレットが、数々の手紙を通して少しずつ変わっていき、また周りの人を変えていきます。

時系列

TVアニメ(2018)
スペシャル(2018) -> TVアニメの4話と5話の間
外伝(2019) -> TVアニメから1年後&4年後
劇場版(2020) -> TVアニメから4年後

スペシャルをTVアニメの間に挟んで時系列で見てもいいと思いますが、発表順に上から順番に見ていっても全く問題ないと思います。

映画の見る前に

TVアニメ版と外伝を見ておくのをおすすめします。映画単体でも楽しめる構成にはなってますが、キャラクターの成長や変化を見て取れる分、既存の作品を見ておいた方がずっと楽しめると思います。

映画はなるべく近くに人がいない席をおすすめします。TVアニメより、外伝より、破壊力があるので。ポップコーンを食べる隙はあまりないので控えめに。あとハンカチと換えのマスクを忘れずに。

もしかしたら、ひと目を気にしなくて良い分、映画館で見るよりもBDになってから自宅で見る方が良いかもしれないです。そんな作品。

YouTube PV

アニメ公式HP

http://tv.violet-evergarden.jp/

日記

Posted by kidm9