釣りに出かけよう

そうだ、釣りにでかけよう。

とにゃ~!いつも唐突なキッドさんです、こんばんは。

今日はまた突然ではあるんですが、釣りをしようかと思って、いろいろ調べたので、備忘録的に残しておこうかと思います。

いつ、どこで、なにを釣る?

釣りと一口に言っても、海釣り川釣り渓流釣り、いろいろあると思いますが、今回やろうと思っているのは川や野池、湖なんかでの釣りです。

ブラックバスという魚を狙って、ルアーという疑似餌を投げて釣りをします。

バス釣り以外にもタナゴ釣り、アユ釣り、海釣りなんかもやったけど、海釣りはどうもつれすぎちゃって面白くない。一度遊びに行ったら数十匹釣れちゃって、これもはや漁じゃん…って思って以来やってないです。

大してバス釣りは、断続的に何年もやってますが、数えるほどしか釣れてない!(それもどうなの

なので、ちょっと勉強して、あらためてタックル(装備品)をそろえるところからやろうかな~と思います。

今回のポイントは手軽さ。持ち運びやすくて、ひょっこり釣りに行けるような簡単釣りセットを目指します。

スピニングとベイト

細かく書き出すといろんなものが必要になるけど、大物だけでいけば、ざっくり必要なものは2つ。

ロッド(竿)とリールの2つだ。

ロッドとリールは大きく分けて2つのタイプに分類される。

スピニング(ロッド/リール)とベイト(ロッド/リール)の2種類だ。

左がベイト、右がスピニングのロッドとリール。

ロッドは基本ただの棒なので、どちらのタイプのリールが着くかで別れていると思ってOK。

なんとなくざっくり両方のポイントをまとめてみる。

スピニングの特徴

簡単で扱いやすい

軽いものを投げやすい

ベイトの特徴

かっこいい

操作を誤るととても面倒

上手く扱えるとキャスティングのコントロールがしやすい

細かく書いていくといろいろあるけれど、まあざっくりこんな感じかな。

今回は、手軽さに主眼をおきたいので、スピニングかな。

ベイトはもうちょっと本格的になってきたら買うのもいいかも。

ロッドのいろいろ

さっきはただの棒と書かれてしまったロッドさんですが、ただの棒にもただの棒なりにいろいろあるんです。

ロッド選びに大切なのは、長さと硬さ。(もちろんスピニングかベイトかはリールに合わせます)

長いと遠投がしやすい。短いと取り回しがしやすい。

硬いと重いルアーが投げやすい。柔らかいと軽いルアーが投げやすい。

そんな感じかな。釣り方と投げたいルアーに合わせて選ぶのがいいかも。

今回は、どこでも使えて、軽めのルアーが投げやすいロッドがいい。

さて、ロッドの特徴を見てみよう。

ロッドの長さ

スピニング:6~6.6ft

ベイト:6.6~7ft

基本の長さはこれくらいになるらしい。もちろんこれより長いもの短いものはあるけれど、今回は汎用性の高いものがいいので、この幅に収まるくらいがいいかな。

ちなみに、釣りの世界ではft(フィート)やoz(オンス)など、ヤードポンド法を使うことが多いみたい。

ロッドの硬さ

ロッドの硬さには2つの指標がある。どのくらい硬いかと、どのあたりから曲がるかの2つ。

まずどのくらい硬いかというのは

ウルトラライト
ライト
ミディアムライト
ミディアム
ミディアムヘビー
ヘビー
エクストラヘビー

といった感じで、ライト/ヘビーで表されるみたい。

ライト~ミディアムくらいが扱いやすいとのこと。

続いて、どのあたりから曲がるかというのは

ファストテーパー:先のほうが曲がる

レギュラーテーパー:真ん中が曲がる

スローテーパー:根本から曲がる

とあらわされるよう。

レギュラーから少しファスト寄りあたりが使いやすい模様。

ロッドの形

おいおい2つって言っただろって?まあたしかに、ロッドの性能としては2つでいいんですが、今回は手軽さに主眼を置いているので、もう一つ忘れてはいけない観点があるんですよ。

可搬性。

要は、ロッドがいくつに折りたためるかということですね。

1本の棒のものから、2つ折りのもの、5つくらいに折れるもの、中に収納して縮むもの、いろんなタイプがあって、今回はなるべく荷物を小さくしたいので、パックロッドとよばれる、小さくなるもののうち、伸縮する「テレスコピック」と呼ばれるタイプのロッドを探してみるよ!

ロッドを買おう!

バス釣り用のスピニングのリールで、6ft前後、ミディアムライト前後、レギュラーテーパー、テレスコピックのロッドを探してみよう!

と思って釣具屋に出かけてみたものの、バス釣り用のコーナーはとてもせまい!そのうえテレスコピックのロッドの数なんてとってもすくない!

なので、なかなか選べるものもなかったので、ネットで見てみることにしました。

どうもダイワさんが結構種類あるみたいだな~。

ダイワ ロッド モバイルパック 615TLS

このへんよさそうと思ったけど615TLSのTってなんだ…?

6フィート1インチ5ピース(伸縮)T(???)のLライト、Sスピニング

TはテレスコピックのTかな?

ダイワ ロッド B.B.B. 636TLFS

これもなかなか。かっこいい。でもちょっとお値段張るな~。

ダイワ ロッド リバティクラブ ルアー 5105TLFS

ちょっとみじかい?5105だから5フィート10インチ。6フィートより5センチ短い。許容範囲かな?安い。

 

あとはアルファタックルさんのもよさそうだ。

うんうん、これお値段的にもそこそこでよさそうだな。かなり小さくなるし。よし、これにしよう!

リールを買おう!

さて、ロッドが決まったのでリールを選ぶ番ですが、ロッドがスピニング用なので、リールももちろんスピニング用。

リールは一応ライン(糸)を巻ける量によって2000番、3000番、なんてついてますが、バス釣りであれば2000~3000くらいで選べばいいでしょう。

あとは値段に比例して単純に性能が良くなっていく(巻き心地が良くなる等)というところみたい。

スピニングなら安くてもそこそこのものがあるようなので、

おすすめに出てきたこれがよさそうだったので、あんまり迷わず決まりました。

さて、届くのが楽しみだな~!

投稿者: kidm9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です